ヒゲログ
ヒゲ脱毛の効果や、脱毛の体験や感想をご紹介。

【ヒゲ脱毛】ヤグレーザーとアレキサンドライトレーザーの違い

ヤグレーザーによるヒゲ脱毛

医療レーザーでヒゲ脱毛を行う場合、レーザーは1種類ではなくいくつかの種類のレーザーがあります。
今回はヒゲ脱毛においてよく使用される、ヤグレーザーアレキサンドライトレーザーの違いについてご紹介します。
どちらも脱毛クリニックで紹介されることの多いレーザーですので、知っておいて損はありません。

医療レーザー脱毛の仕組み

まずはレーザー全般の仕組みについてご説明しましょう。
脱毛に使用される医療レーザーは黒いもの(メラニン)に反応する光線を使用していて、毛の黒さだけに反応するようになっています。
よって皮膚や周りの組織には影響がありません。
照射されたレーザー光線が黒い毛に反応すると、光は熱エネルギーに変換され、その熱は毛根全体に広がっていきます。
レーザー脱毛の仕組みこの熱により毛に栄養を送る毛乳頭が破壊され、毛が再び生えてこなくなる(再生できなくなる)という仕組みになっています。
これが基本的な脱毛の仕組みです。

つまり毛乳頭を破壊するため、髭に熱を発生させているということなのですが、現時点で休眠期に入っている毛や、すでに栄養が送られていない退行期の毛では、毛乳頭に熱を伝達することができません。
退行期と休眠期このように、毛乳頭に毛が無い時期もあります。
こういう時期に入っている毛穴には脱毛の効果が表れないので、毛が生えかわる2~3ヶ月後に再度脱毛をする必要があります。

同じ医療レーザーなのに種類が違う?

上記でご説明したように、医療レーザーによるヒゲ脱毛の仕組みは熱で毛乳頭を破壊することがわかりましたが、ではなぜいくつもの種類のレーザーがあるのでしょうか?
ヒゲ脱毛によく使用されるヤグレーザーアレキサンドライトレーザーの違いでご説明します。

ヤグレーザーとアレキサンドライトレーザーは、どちらも主に男性の髭に使用される医療レーザーですが、決定的な違いは光の波長の長さにあります。

レーザーの波長というのは、光が肌の深部に到達する距離の違いを表していて、一般的にアレキサンドライトレーザーは755nm。
ヤグレーザーは1064nmとなります。
イメージにするとこんな感じ。
レーザーの波長の違いヤグレーザーの方が、より深い毛根にも到達することができます。

「だったらヤグレーザーを使った方がいいじゃないか」と思うかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。
なぜならヤグレーザーの方が痛みが強いからです。

一般的に、深い毛穴は太く強い毛が生えていることが多く、逆に浅く小さい毛穴(手の指など)は細い毛が生えています。
髭は人間の体の中でも太い毛が生えてくる場所ですので、深い毛穴が密集していると想定ができます。
脱毛レーザーは、作用する場所(毛根)が深ければ深いほど、また毛の表面面積が太ければ太いほどレーザーが反応する量も多くなりますので、痛みも比例して強くなっていきます。
ですからアレキサンドライトレーザーだけで全ての髭を脱毛できるのならば、それに越したことはないのです。

ただ、もしあなたが剛毛と呼べるような太く濃い髭の持ち主であれば、アレキサンドライトレーザーよりヤグレーザーの方が脱毛効果は高いかもしれません。

ヤグレーザーによるヒゲ脱毛の効果

ここからは実際にヤグレーザーでヒゲ脱毛を行った、私の髭の変化をご紹介します。
髭や肌の変化を参考にしてみていただければと思います。

まずはヤグレーザーで脱毛を受ける前がこちら。
脱毛前の髭今回は頬の髭の脱毛を行います。
わかりやすいように少し髭を伸ばしておいたのですが、実際にレーザー脱毛を受ける前は髭剃りをしてから向かいましょう。

そしてヤグレーザーで脱毛した照射後がこちら。
ヤグレーザー照射後レーザー照射中は痛みが強く、肌の内部までジンジンする痛みでした…。
ですが早くも効果を感じられ、写真では分かりにくいかもしれませんが、毛が熱で縮れたことにより、いくつか表面に出てきている髭が確認できます。
脱毛でよくみられるポップアップという現象です。
また反応した毛穴の部分が腫れて、少しデコボコしているのもお分かりになるでしょうか?
近くで見ないとわからないレベルなので、あまり気にする必要もありませんが、肌荒れを見られるのが気になる方は連休などを利用して脱毛をすると良いでしょう。

ヤグレーザー翌日がこちら。
ヤグレーザーによる脱毛翌日腫れは一晩でかなり落ち着きました。
一方で、レーザーに反応した毛穴がブツブツしてきました。
こちらも良く見ないと分からないレベルですが、例えるなら髭剃り負けに近い感じでしょうか。

ヤグレーザーによるヒゲ脱毛から3日後
ヤグレーザーによる脱毛3日後保湿ケアなどを十分に行った結果、肌荒れは完全に治りました
保湿ケアと同時に3日間はレーザーを受けた場所の髭剃りはしないようにしていたのですが、毛乳頭が破壊されているためか、レーザーを受けた箇所の髭は、通常の髭のように伸びてきません。
写真の左下、あごの部分と比べてみていただくと分かりやすいのですが、長さに違いが出ていますよね。

現状は髭が毛穴に挟まっているといった感じで「生えている」という状態ではありません。
老廃物を押し出すように毛が押し出されている状態と言えます。
毛を引っ張れば痛みもなく抜くことができますが、肌にダメージを与えることになるので、無理に抜くのはやめて自然に抜けるのを待ちます。

そしてヤグレーザーから1週間後
洗顔をするだけで髭がポロポロと抜け落ち、髭が減っていくのが分かります。
最終的には写真のように、頬に生えていた髭がすべてなくなり、ヤグレーザーによるヒゲ脱毛の効果が確認できました。
ヤグレーザーによるヒゲ脱毛どうでしょうか?
とても綺麗になったと思いませんか?
これがヤグレーザーの効果!
痛みを我慢した甲斐がありました。

ちなみにアレキサンドライトレーザーによるヒゲ脱毛でも、ヤグレーザーと抜け方には変わりはありません。
どちらかと言えば、アレキサンドライトレーザーの方が波長が短いので、腫れやブツブツはヤグレーザーより出にくいかもしれません。
またご紹介したように、どちらも約1週間ほどで毛が抜けてきますが、脱毛効果はヤグレーザーの方が割と早く感じられる脱毛となります。

ヤグレーザーでヒゲ脱毛を受けたい場合

ヤグレーザーでヒゲ脱毛をしたいとお考えの場合は、全店舗にヤグレーザーが設置されているゴリラクリニックがオススメ。
男性専用のクリニックなので、とても行きやすいです。

全店舗にヤグレーザーを設置
根深い髭にはヤグレーザーが効果的です。

アレキサンドライトレーザーを希望の場合は、湘南美容クリニックがオススメ。

オトコの根こそぎレーザー脱毛
ほぼすべての店舗でアレキサンドライトレーザーを導入しています。

ご自身のご希望や痛みの具合を考慮しつつ、最適なヒゲ脱毛を探してみてください。
ちなみに、はじめてヒゲ脱毛される方はヒゲ脱毛を無料で3回受ける方法を紹介!もご覧になってみてください。

湘南美容クリニックのケア商品が楽天で買えるようになりました!