ヒゲログ
ヒゲ脱毛の効果や、脱毛の体験や感想をご紹介。

メディオスターで抜けない?ヒゲ脱毛の効果

メディオスターによる脱毛の仕組み

メディオスターで脱毛したのに髭が抜けない!?
そんな体験をしたことがある方も少なくないと思います。
メディオスターは頬やあご下などの比較的細い毛から普通の毛に有効で、あごなどの根深く太い毛には、1回では効果が出にくいという特徴があります。
今回はなぜメディオスターで髭が抜けないのか、また、どうしたら太い毛を脱毛できるのかをご紹介したいと思います。

太く根深い髭にはヤグレーザー1択!

メディオスターは比較的新しい脱毛機器で、その特徴はとにかく痛みが少ないこと、そして広範囲を短時間で脱毛できる画期的な脱毛機となります。
その効果も決して悪くなく、私がメディオスターで脱毛をした際もしっかりと髭は抜けました。

こちらはメディオスターによる脱毛前。
脱毛前のアゴ下
そしてこちらが脱毛後。
メディオスターの脱毛効果
1回施術を受けただけですが、左右のアゴの髭は、かなり薄くなりました。

しかし、見ていただいてわかるように、根深いアゴ先の髭は1回のメディオスターでは脱毛できませんでした。

一時期私は、アゴの髭を毛抜きで抜いてしまう習慣がありまして、それが原因で毛根や発毛因子を強くしてしまったのかもしれません。
私のように毛抜きで髭をケアしていた方や、もともと剛毛で毛の太い方は、全ての髭をメディオスターだけで脱毛するのは難しいかもしれません。

このような太い毛を脱毛するなら、メディオスターではなく、強力なヤグレーザーでの脱毛をおすすめします。
同じようなレーザー脱毛でアレキサンドライトレーザーというものもあるのですが、太い男の毛にはヤグレーザーが一番。
その理由はレーザーが届く距離にあります。

こちらはヤグレーザーとアレキサンドライトレーザーの波長が、どこまで届くかを表したイラストです。
レーザーの波長の違いご覧のようにヤグレーザーは波長が長く、根深い毛根にも効果の高い脱毛が期待できます。

「では始めからメディオスターじゃなくて、ヤグレーザーで脱毛すればいいじゃないか!」と思う方も多いかもしれませんが、効果の高いヤグレーザーにも欠点がありまして、最大のデメリットはその「痛み」にあります。
それもかなり強い痛みです。

根深く太い毛を熱で破壊するということは、それだけ衝撃も強くなり、感じる痛みも強くなります。
そのため施術後に赤みや腫れが出やすく、2~3日は肌荒れが続く可能性があります。

こちらはヤグレーザーを受けた翌日の写真です。
ヤグレーザー照射後写真なのでわかりずらいかもしれませんが、頬がボコボコと腫れているのがわかるでしょうか?
(肌荒れの具合は出力や体質などによっても変わり、個人差があります)

このため、ヤグレーザーでヒゲ脱毛をする際は、数日間外出やイベントが無い日を選んだり、髭剃りを行わなくても済むような日が必要となります。
つまりヤグレーザーを受けれる方というのは痛みに耐えられる方、そして2~3日の休暇がある方
少し人を選ぶ脱毛機と言えます。

メディオスターとヤグレーザーの比較

メディオスター ヤグレーザー
痛み ほとんどなし かなり強烈
施術時間 最短 長い
施術範囲 広範囲 1ショットずつ
抜けるまで 2週間~3週間 1週間
抜ける毛 回数に比例 1回で太い毛も
施術後 ほぼ変わらない 肌荒れ
設置店 湘南美容クリニック ゴリラクリニック

これらを承知したうえでヤグレーザーでヒゲ脱毛したいとお考えの方には、全店にヤグレーザーが設置されている「ゴリラクリニック」という医療クリニックをオススメします。
トライアルコースなら1回1万円で施術を受けられるので、まずはゴリラクリニックでヤグレーザーを体感してみてはいかがでしょうか?

ゴリラクリニックでは痛みを軽減する笑気麻酔というものも用意されていますので、「ヤグレーザーを受けたいけど痛いのはヤダ」という方は、クリニックで相談することが可能です。

オススメの脱毛の流れ

ここまで太い毛にはヤグレーザーとご紹介していきましたが、ヒゲ脱毛において痛みが苦手という方も沢山いらっしゃるかと思います。
ヤグレーザーの痛みが強い訳は上記でもご説明したとおりですが、レーザー脱毛で痛みが強く出るのは、総じて髭が密集している個所となります。
逆に言えば、たとえ衝撃の強いヤグレーザーであっても、たった1本の毛に照射するだけならば痛みを感じることはありません。
つまりヒゲ脱毛は、毛量の多い状態である一番最初の施術が一番痛みを感じ、毛量の減る後半は痛みが少なくなっていくのです。

これを考えると、初回のヒゲ脱毛は、どんなに毛量が多く太い毛が沢山あったとしても、痛みの少ないメディオスターで処理してしまうのが正解と言えます。

密集している髭の中にも、太い毛・細い毛が混在していて、細い毛ならばメディオスター1回でも十分脱毛できますし、多少太い毛であっても、メディオスターを2回3回と繰り返すことで発毛因子を破壊できる可能性は十分にあります。
ですから、ヒゲ脱毛を始めて数回のうちはメディオスターで脱毛を行い、抜けなかった毛にヤグレーザーを照射すれば、毛量が減っている分痛みは最小限に抑えられますし、より効率的に脱毛を行うことができます。
これからヒゲ脱毛を受けようと考えている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

またヒゲ脱毛が初めての方なら、メディオスターでヒゲ脱毛を無料で3回受ける方法があります。
詳しくはリンク先の記事でご紹介していますので、良かったら読んでみて下さい。

湘南美容クリニックのケア商品が楽天で買えるようになりました!