ヒゲログ
ヒゲ脱毛の効果や、脱毛の体験や感想をご紹介。

アゴとアゴ髭のレーザー脱毛 効果と1回目~3回目までの経過

脱毛前のアゴ髭

こちらでは私が実際にヒゲ脱毛を行った経過と、脱毛の効果についてご紹介していきます。
「ヒゲ脱毛の効果に不安」という方や、「脱毛するとどうなるの?」という疑問を持っている方は参考にされてみてください。
今回は、口ひげ(鼻下)とあご髭の2か所にスポットを当てます。

1回目のヒゲ脱毛はメディオスターがおすすめ

まずは脱毛前の髭の状態からご紹介しましょう。
脱毛前のアゴ髭の状態がこちら。
脱毛前のアゴ髭
太い毛が密集しています。

そしてこちらが脱毛前の口ひげ(鼻下)です。
脱毛前の口ひげ
口のキワまで髭が生えていることが分かります。

これだけ太い髭が密集しているところにレーザーを当てたら、相当な痛みがあることは容易に想像できます。
ですから、初回となる最初のヒゲ脱毛は、最新脱毛機であるメディオスターという機械を選ぶことにしました。

メディオスターとは蓄熱式と呼ばれる脱毛機器で、皮膚の深部にある毛根を消滅させるのではなく、皮膚の浅い位置にある発毛因子だけを破壊して脱毛するという、新しい発想の脱毛方法となります。
蓄熱式レーザーの仕組み
また上記のイラストのように1回の照射で発毛因子を破壊するのではなく、蓄熱というくらいですから弱い出力のレーザーを繰り返し当てて熱を貯めていく方法となり、衝撃が少なく、密集する髭に照射しても痛みを感じることはほとんどありません。
また広範囲を短時間で施術できるという点も、メディオスターの大きな特徴となります。

このメリットを最大限に活用できるのが初回のヒゲ脱毛
私のように髭が密集していてもメディオスターを使えば痛みはほとんどありませんし、広範囲を一気に施術できるので、時間もかからずストレスも少なくヒゲ脱毛を済ませることができます。

ちなみにメディオスターが受けられるクリニックは、こちらのメディオスターでヒゲ脱毛ができるクリニック一覧でご紹介しています。

ということで1回目はメディオスターを照射。
こちらがメディオスター照射後の様子です。
メディオスター照射後
赤みや腫れは、全くと言っていいほど発生していません。

少し時間が空いて、約半月ほどが経過するとこんな状態。
メディオスター照射から半月後。
徐々に髭が抜け始めた頃です。
冒頭の写真と比較すると特に両サイドのエラ部分の髭が無くなってきているのがわかるかと思います。

そしてメディオスターを当ててから1ヵ月後。
こちらがヒゲ脱毛1回目の結果となります。
メディオスターを当てて1ヶ月後
アゴ中央にはまだ髭が残っているものの、アゴ下の髭はほとんどなくなり、かなり薄くなりました。
特に両サイドの髭は、ほとんど無くなっています。

1ヶ月後の口ひげはこんな感じ。
メディオスター照射から1ヶ月後の口ひげ
口髭もかなり薄くなって、1回目のメディオスターによるヒゲ脱毛の効果は絶大でした。

ヒゲ脱毛2回目はアレキサンドライトレーザー

2回目は、前回のヒゲ脱毛で残ってしまった、あご中央の太い毛に挑みます。
太く濃い髭にはメディオスターよりもアレキサンドライトレーザー、もしくはヤグレーザーというレーザーが効果的です。

前回のメディオスターは発毛因子を破壊するという脱毛の仕組みでしたが、アレキサンドライトレーザーは毛根を熱で破壊し脱毛するという、従来の脱毛方法となります。レーザー脱毛の仕組み
物理的に毛根を無くしてしまうため1発1発の痛みは強いですが、反応した毛はかなりの確率で脱毛することができます。

私の通っている湘南美容クリニックにはアレキサンドライトレーザーが設置されていたので、アレキサンドライトレーザーを選びました。

どこのクリニックもおそらく同じだとは思うのですが、各機械における初回の施術というのは、往々にして1番弱い出力での照射となります。
これは皮膚の相性やレーザーのリスクを最小限に抑えるため、比較的どのクリニックでも採用しているリスクマネージメント。
レーザーのもつ100%の効果は期待できませんが、初回は必ず通る道だと思ってレベル1での施術を受けました。

こちらがアレキサンドライトレーザーを受ける前。
2回目アレキサンドライトレーザー照射前
1回目のヒゲ脱毛で、かなり青みも減っていますね。

口ひげはこんな感じ。
2回目のヒゲ脱毛前の口ひげ

そして2回目のヒゲ脱毛となるアレキサンドライトレーザーを受けて1週間後の様子。
2回目アレキサンドライトレーザー照射から1週間後
毛根を消滅させる脱毛方法なので、髭が抜け始めるまでの期間が早く、1週間で徐々にポロポロと髭が抜け始めます。

そしてアレキサンドライトレーザーを受けてから2週間後となる、2回目の脱毛効果がこちら。
2回目アレキサンドライトレーザー照射から2週間後
髭が多く残っていたアゴ中央は、出力が弱かったせいもあってか少しだけ面積が小さくなったという印象。

口ひげに関しては効果がしっかりと出て、口の際の髭も少なくなってきました。
2回目のヒゲ脱毛 口ひげの効果
全体的に髭を減らすことができました。

ヒゲ脱毛3回目は出力を上げたアレキサンドライトレーザー

3回目のヒゲ脱毛は前回と同じくアレキサンドレーザー。
施術担当者の方に髭の抜けが悪かったことを伝え、出力を上げてもらうことにしました。
湘南美容クリニックは、こういった希望を言いやすい雰囲気があるので通いやすいです。

また前回の脱毛から3ヶ月という間隔を開け、休眠していた毛を生やした状態で3回目のヒゲ脱毛に挑みます。
ヒゲ脱毛3回目
ちなみに休眠期とは、毛の生え変わるサイクルのこと。
退行期と休眠期
毛の成長する(生えている)時期を成長期と仮定すると、すでに抜け落ちる準備をしている物が退行期
毛が抜けて生えかわりを待機している状態が休眠期となります。
各脱毛レーザーが作用するのは、一般的には成長期の髭のみとなります。

上の写真を見ていただいても分かるように、前回髭が無くなっていた場所にも、また髭が生えてきているのが分かると思います。
つまり前回のレーザー照射時に休眠期だった髭が成長期へと移行し、新たな髭として生えてきている状態。
このサイクルを考慮すれば、何度も同じ場所を短期間で脱毛をするよりは、毛を生え揃えてから脱毛する方が1回の照射で無くせる髭の量は多くなります

それでは3回目の効果を確認してみましょう。
こちらがアレキサンドライトレーザーを受けて1週間後の様子。
ヒゲ脱毛3回目から1週間後
生えかわったアゴ下の髭も、ボロボロと抜け落ちていきます。

そして2週間が経過し、3回目のヒゲ脱毛の結果がこちら。
3回目のヒゲ脱毛の結果
アゴ下の髭はかなり減少。
ただあご中央の髭はしぶとく、まだ太い毛が残っています。

口ひげの結果がこちら。
3回目の口ぎげの脱毛結果
ほとんど髭が無くなって、ヒゲ脱毛の効果がはっきりとわかります。

ちなみにここまでかかった費用は、わずか8,000円程度。
その理由は、こちらのヒゲ脱毛を無料で3回受ける方法を紹介!でご紹介中です!

次回はさらに出力を上げて、アゴ先のヒゲ脱毛に挑みたいと思います。

4回目のアゴ・アゴ下の脱毛結果は、こちらの4回目のアゴとアゴ髭のレーザー脱毛 効果と経過についてでご紹介しています。

湘南美容クリニックのケア商品が楽天で買えるようになりました!