ヒゲログ
ヒゲ脱毛の効果や、脱毛の体験や感想をご紹介。

日焼けしてもできる髭のレーザー脱毛

日焼けとヒゲ脱毛について

一般的に、日焼け後の肌ではヒゲ脱毛をすることはできないと言われていますが、なぜ日焼けしていると脱毛できないのかご存知でしょうか?
しっかりとした理由をわからない方も多いのではないでしょうか?
今回は日焼け肌とヒゲ脱毛について、そして日焼けしていても可能なヒゲ脱毛についてご紹介します。

日焼けによってヒゲ脱毛ができない理由

日焼けは個人差があり、紫外線を浴びて肌が赤くなる人もいれば、ただ黒くなるだけの人もいます。
私は前者の方で、もともと肌色が白く、少し日焼けをしただけでも真っ赤になってしまいます。
元々肌が弱いんですね…。

このように肌質によっても異なる日焼け後の肌ですが、ほとんどの医療クリニックや脱毛エステ店では、日焼けをした後はヒゲ脱毛ができないとなっています。
その要因は大きく分けて2つの理由があります。

まず1つ目はレーザーが黒いものに反応する仕組みになっているためです。
日焼けをしてしまうと、毛の黒さと肌の色のコントラストが薄くなるため、レーザーの反応が悪くなってしまいます。
レーザーの反応が悪くなると脱毛の効果が薄れてしまい、後になって「全然抜けない!」というクレームに繋がりかねません。
ですからお店側(特にエステ店)が施術を嫌がるという理由が1つ。

もう一つの理由は、黒い肌にレーザーを当てたときに火傷のリスクが伴うためです。
上記でもレーザーは黒いものに反応すると説明しましたが、黒く焼けた肌にレーザーを当てると、皮膚の黒さにも反応してしまい、皮膚が火傷してしまう危険性があります。
特にヒゲ脱毛では顔にレーザーをあてるので、もし顔に火傷跡が残ったら大変なことになります。
ですからクリニック側でも責任が持てず、ドクターストップとなるのです。

乾燥という弊害も

さらに乾燥という問題もあります。
日焼け後の肌は乾燥してカサカサしていますよね。
これは普段より肌内部の水分が減った状態であることを示していますが、日焼け肌にレーザーを当ててしまった場合、さらに皮膚内部の水分が蒸発してしまいます。
そうなるとより肌の回復が遅れてしまいますし、色素沈着のリスクまで発生していしまいます。

このような理由から、日焼け後の肌ではヒゲ脱毛ができないのです。

日焼けしていてもヒゲ脱毛を受ける方法

ここまで日焼けしていてはヒゲ脱毛ができない理由をご紹介してまいりましたが、ここからは日焼けしていてもできるヒゲ脱毛についてご紹介します。
ヒゲ脱毛は特に夏場に需要が多くなるのですが、夏は日焼けをしてしまう時期でもありますよね。
そんな夏にでもヒゲ脱毛ができる方法です。
紫外線と日焼け

まず、ここで言う日焼けとは、日焼け後2週間以上経過して炎症が治まっている状態の事を言います。
つまり赤み(炎症)が無くなって、肌が黒く落ち着いた状態です。

この状態であれば、最新の「メディオスター」という蓄熱式の脱毛機であればヒゲ脱毛が可能です。
メディオスターはもともと色黒の人にも効果のある脱毛機で、1回のショットで毛根を破壊するのではなく、低出力のレーザーを繰り返し当ることで肌へのダメージを抑制できる脱毛機となっています。
また毛根を破壊するのではなく発毛因子(毛の種が発生する場所)に作用するので脱毛効果も高い良いことづくめの脱毛機なのですが、最新の脱毛機のため、まだまだ導入しているクリニックが少ないのが現実です。

そんな中でも、メディオスターをいち早く導入しているクリニックが湘南美容クリニック

オトコの根こそぎレーザー脱毛

ゴリラクリニックの2つのクリニック。

どちらも全国の主要都市に店舗がありますので、お近くのクリニックを探してみてください。

メディオスターでヒゲ脱毛ができるクリニック一覧はこちら。

費用の面では圧倒的に湘南美容クリニックに分がありますが、完全脱毛を目指す方はゴリラクリニックが良い場合も。

湘南美容クリニック ゴリラクリニック
鼻下・あご・あご下 鼻下・あご・あご下
6回 6回
29,800円 68,800円
1回追加 9,800円 7回目~ 100円
公式サイト 公式サイト

どれぐらい髭を無くしたいのかによって決めるのも良いと思います。

当然ですが、脱毛した後に日焼けはしてはいけません。
肌がダメージを受けている状態ですので、色素沈着や、逆に色素脱失が起きる場合があります。
最低2週間は、強めの日焼け止めを使い続けるようにしてください。

湘南美容クリニックのケア商品が楽天で買えるようになりました!